紀州鉄道キハ600形

かつて紀州鉄道の顔として活躍していた1960年新潟鐵工所製のディーゼルカー、キハ600形の車内デザインをご紹介します。

車内
座席(ボックスシート)
網棚、吊革、通風口
通風口、照明
床板

手元に残っていた数少ない写真の中からピックアップ。白熱球の照明に、木製の床という最高にディープなレトロ感がたまらないディーゼルカーでした。座席は写真が残っていませんでしたがロングシート部とボックスシート部があり、緑色のペンキで着色されていました。荷棚も本物の網棚です。また、幅の狭い客用ドアは実にゆっくりと開閉するレトロなプレスドアでした。今この車両は解体を免れ、御坊駅の近くに静態保存されており、その姿を楽しむことができます。

ああ、美しきバス窓。