京成3000形(1・2次車)車内デザイン

京成

京成の一大勢力として2003年から2018年まで長らく製造された3000形。その1・2次車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

車内
座席、袖仕切り、カーテン
優先席
貫通路
車いすスペース、非常通報機
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
荷棚
吊革

解説

関東圏では極めてオーソドックスな通勤型の仕様となっている3000形。大変長期間製造されたため、編成毎の差異が趣味的に興味深い車両です。

1・2次車は貫通路の扉が一部にしか設置されていないことが特徴となっています。ドア上の車内案内装置は当初LEDだったものが順次好感されており、17インチワイド仕様の液晶が設置されています。濃いベージュの床、ピンク色の座席に明るい化粧板など、京成としてはお馴染みの配色を採用しました。

いよいよ2019年、次の新型車両が登場しましたが、3000形は当面主力として各線で活躍するものと思われます。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東急1000系1500番台 車内デザイン
神鉄1150形(第1編成)車内デザイン
埼玉新都市交通2020系 車内デザイン
Osaka Metro21系(1996年増備車)車内デザイン
東武50000型(後期車)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました