仙台市地下鉄2000系

2015年の東西線開業に伴い登場した、鉄輪式リニアモーターカー車両、仙台市地下鉄2000系車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り
優先席
車いすスペース
貫通路
乗務員室背面
荷棚
吊革
LCD車内案内装置

リニアモーター式地下鉄ではおなじみの小型断面ボディながら、車内は非常に明るくまとまっています。ユニークなのは客用ドアの窓で、非常に丸いガラスに愛嬌があります。また、地下線内を走ることと、荷棚を設置するために、側窓のガラス天地寸法が小さいのも外見上目立ちます。LCD車内案内装置はドアの両側斜め上に枠が設置されているものの、片側は準備工事のみで路線図がステッカーで貼り付けられるなどしています。開業したばかりの地下鉄、益々の発展を祈ります。