伊賀鉄道200系

元東急の車両で、忍者をまとって活躍する伊賀鉄道200系車両の車内デザインをご紹介します。

車内
座席(クロスシート)
座席(ロングシート)、整理券発行機
運賃箱、ゴミ箱
貫通路
客用ドア、ドアチャイム
吊革
荷棚、忍者

皆まで言わずとも。忍びの里を走る車両ならではの内装デザインに改装されていますが、ベースは東急の1000系車両。座席モケット色などはそのままとなっていますが、化粧板は下半分を、建屋を連想させる木目調へと変更しました。一部に設置された固定クロスシートは、京阪電車の9000系から流用したものを使用しています。荷棚の上に鎮座する忍者は見事な同化っぷり(?)で、乗った人を楽しませてくれます。