長野電鉄3500系

営団地下鉄日比谷線を退役後、長野電鉄で活躍しているステンレスカー、3500系車両の車内をご紹介します。

車内(営団時代未更新)
車内(営団時代化粧板更新車)
優先席、吊革
貫通路
乗務員室背面
荷棚
吊革

1992年から、日比谷線を引退した車両を購入したものです。小さな側面窓、ドア窓などに地下鉄車両らしさが滲み出ています。化粧板が2種類あり、オリジナルのクリーム色が残る車両は往年の雰囲気を存分に堪能することができます。すでに置き換えが宣告されており、令和に入った今、最後の活躍に勤しんでいます。

マッコウクジラと呼ばれたこの愛嬌あるデザイン。本当に少しでも末長い活躍を祈るばかりです。