相鉄12000系

JRとの相互直通運転に向けて2019年に登場した相鉄12000系電車の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
妻面、貫通路
フリースペース、鏡
客用扉、半自動スイッチ、左右非対称手すり
LCD車内案内装置
二人対応吊革
荷棚
非常用ドアコック、防犯カメラ
運転台背面

JR線への乗り入れを意識し、総合車両製作所のsustina仕様を基本構造に、デザイン会社good design companyのアートディレクションを取り入れた車両です。ドアや手すり、側窓など20000系に比べるとJR線に共通する箇所がみられる中、相鉄ならではのオリジナル仕様や、デザイナー目線の新しい取り組みが随所に見受けられる、乗っていてわくわくする車両です。

二人でつかむ吊革。

いつかこれが、日常でみられる日が来るのでしょうか。