京成3600形

京成電鉄の最古参ステンレス通勤型車両、3600形の車内デザインをご紹介します。

車内
座席、袖仕切り、側窓
優先席、客用扉、消火器
貫通路(扉なし)
荷棚
吊革
扇風機

扇風機を筆頭に、黄色い化粧板、シンプルな袖仕切り、直流モーターetc…昭和思想の通勤型車両として末期に製造されたため、今も活躍し続けるステンレス車両。2019年現在、次第に廃車が進められており、予断を許さない中で昭和の雰囲気を最後まで留めている貴重な存在です。