水島臨海鉄道キハ30形

キハ30形外観

水島臨海鉄道でラッシュ時などに活躍する旧国鉄通勤型ディーゼルカー、キハ30形の車内デザインをご紹介します。

車内
側窓、袖仕切り、座席、ヒーター、吊革
外吊り式ドア、ドア上手すり
ドア開閉装置(ドア横)
乗務員室背面
天井、蛍光灯、通風孔
荷棚
扇風機(JNRロゴ入り)

旧国鉄時代に登場した通勤型3扉のディーゼルカーで、なんといっても外吊り式の客用扉が大変インパクトのある車両です。出入り口には1段ステップがあります。車内側からは戸袋がないなどの違和感を感じます。また、非冷房となっています。

2019年現在、キハ30は夏場は基本的に休車しており、涼しい季節になるとラッシュ時の輸送用に活躍します。まさか令和の時代にまで生き残るとは思っていなかった、非常に貴重な昭和の生き証人です。